青森県建設業ポータルサイト|建設産業振興|女性活躍推進

JavaScriptが無効にされています。本サイトはJavaScriptを有効にしてご覧ください。

ここから本文です

女性活躍推進女性活躍推進

更新日 更新情報
NEW平成30.06.18 「建設女子のための現場見学バスツアー」を実施します!
平成30.03.09 「女性活躍推進」ページを開設しました。

お知らせ

建設女子のためのバスツアー

NEW「建設女子のための現場見学バスツアー」を実施します!

 県では、地域建設業における女性活躍推進の取組の一環として、「建設女子のための現場見学バスツアー」を実施します。

 ・見学場所  (仮称)八戸市屋内スケート場、一般国道45号上北天間林道路

 今回は、いわゆる「男社会」といわれる建設業で女性が活躍していくために、多種多様な工事現場の見学を通して、建設業で働く女性のスキルアップ及び仕事へのモチベーションの向上を目的として、標記バスツアーを下記のとおり実施いたします。
 多くの皆様のご参加をお待ちしております。


開催概要
【日時】
 平成30年7月20日(金) 8:00~17:00
【場所】(仮称)八戸市屋内スケート場、一般国道45号上北天間林道路
【定員】先着35名(参加無料)
※詳細については、チラシをご覧ください。
【申込方法等】
 以下のチラシ(参加申込書)をダウンロードし、必要事項を記入のうえ、監理課建設業振興グループあてにFAX、E-MAILしてください。
【申込期限】平成30年7月10日(火)まで
【チラシ】

※PDFファイル

建設業女性活躍事例集

株式会社 みどり

写真・植村 房惠

独身でも土木、結婚しても土木、
母になっても土木!

株式会社みどり工事部土木2課。青森県立八戸工業高等学校土木課、八戸工業大学環境建設 工学科卒業。現場監督を経て、平成25年に株式会社 みどりに入社。10tトラックの運転手をしながら、1級土木施工管理 技師の資格を取得。平成26年から監督業として手腕を発揮。

株式会社 みどり
青森県十和田市大字相坂字高清水78-455
tel. 0176-23-9199
http://www.kkmidori.co.jp/corporate/

株式会社 福萬組
青森県十和田市東十三番町15-27
tel. 0176-23-4111
http://fukumangumi.com/71680

もっと詳しく[PDFファイル:929KB]

株式会社 田名部組(たなぶぐみ)

写真・小枝 美希

みんなに信頼される現場監督を目指します

株式会社田名部組土木部 土木プロフェッショナルグループ。 青森県立八戸工業高等学校を卒業と同時に田名部組に入社。

株式会社 田名部組
青森県八戸市石堂二丁目11-21
tel. 0178-20-1414
http://www.tanabugumi.co.jp/

もっと詳しく[PDFファイル:535KB]

株式会社 鹿内組(しかないぐみ)

写真・小枝 美希

造ったものが地域を彩る、土木の仕事が好き!

株式会社鹿内組土木部。青森県立青森工業高等学校インテリア科卒業。 販売員を経験後、土木作業員・ダンプ運転手を経て、2級土木施工管理技士の資格を取得。現在、鹿内組の現場監督。平成29年12月1級土木施工管理技士の資格を取得。

株式会社 鹿内組
青森県青森市大字野尻字今田97-1
tel. 017-738-2301
http://www.shikanai.jp/

もっと詳しく[PDFファイル:529KB]

女性活躍推進の取り組み

女性建設技術者ネットワーク会議とは

女性建設技術者ネットワーク会議

当会議は、建設業に従事する女性の働く環境の改善を目的に、県内の建設業で活躍している女性で構成する組織であり、平成27年10月23日に設立されました。現在の会員数は約50名であり、会員相互が交流・連携し、建設業で女性が活躍する姿の発信のほか、働く環境の改善に向けた意見を発信するなどの活動を行っています。 建設業で女性が活躍することは、工事現場の環境や働き方に変化をもたらし、性別・年齢を問わず誰もが働きやすく、能力を発揮できる産業になることにつながることも期待されています。

女性建設技術者ネットワーク会議事務局

(青森県県土整備部監理課 建設業振興グループ内)
tel.017-734-9706
fax.017-734-8178
http://aomorikensetuko.com/

建設産業振興に関するお問い合わせ先

青森県庁県土整備部監理課建設業振興グループ
tel.017-734-9706
fax.017-734-8178
http://www.pref.aomori.lg.jp/soshiki/kendo/kanri

本文終了です